ホーム > コース紹介 > アカデミーコース

アカデミーコース

アカデミーコース

難関国公立大学、医歯薬系大学進学を
目指す君に。
とことん勉強という君に。

7時間授業、ゼロ校時テスト
8校時ゼミ・ファイナルゼミ・土曜ゼミ
年間50日の進学講習(夏冬春休み)
学習合宿、サテネット授業
大学見学会、高大連携
GTEC受験

アカデミーコース

豊富な授業時間で実力養成
成美高校では、通常授業以外にもさまざまなゼミと長期休暇中の講習を実施しています。これ以外にも生徒の実情に合わせた個別添削指導や早期口座、英語検定講座など、既存のカリキュラムにしばられないフレキシブルな対応が成美高校進学指導の特徴です。



学習合宿in大江山(アカデミーコース、特進文理国際コースの各1年生)
学習習慣の確立、自学自習方法の体得、自身の進路研究を目的に実施します。
学年・習熟度に応じたプログラム
ゼミ、講習の内容は学年やクラスに応じてプログラムされます。
3年次では主要教科の習熟度別講座をはじめ、国公立の推薦やAO対策として小論文や面接の指導を行っています。
土曜ゼミは、アカデミークラス対象のオリエンテーションやディスカッション・大阪での進路学習会参加・理科地歴公民科に特化した
特別講義など、きめ細かい時間割が組まれています。

学年別総授業数

生徒からのメッセージ

私は、パンフレットに書いてある「学問の扉」という言葉が強く心に響き、アカデミーコースを志望しました。

細見桃花 (春日中学校)

成美高校の先生方は私たちに学ぶことの楽しさを教えてくださいます。初めて何かを知ったときの喜びは特別で、まるで自分の世界が広がっていくような本当にそんな感覚です。8校時ゼミ、土曜ゼミなど、たくさんの学べる機会があり、より多くのことを教えていただけます。一つひとうの授業を大切にし、本当の意味での「学問の扉」を開けていきたいのです。

細見桃花

私は難関国公立大学に合格するための学習に励みたいと考え、アカデミーコースを選びました。

岡本裕也 (氷上中学校)

先生方が親切に指導してくださり、理解できるまで徹底的に教えていただけます。個性豊かな先生方からたくさんのことを吸収していきたいです。
また、大学入試では学力だけではなく、体力も必要っだと城野先生から聞き、3歳から続けている空手と両立させながら、文武両道を目指して努力を続けていきたいと考えています。そのためには時間を大切にしなければなりません。常に広い視野を持って毎朝の小テスト、それから授業を大切にし、習ったその日に復習することを自分の日課として、日々成長していきたいです。

岡本裕也

卒業生からのメッセージ

久下明輝

現在、呼吸器内科の研修医として充実した毎日を送っています。
医療の道に進んだことに後悔はありません。

市立池田病院 研修医勤務 久下明輝 (平成20年3月アカデミーコース卒業)

呼吸器内科の領域は全身管理にかかわる大事な「肺」という重要な臓器を扱い、どの診療科でも必要不可欠な領域でやりがいを感じています。高校時代の思い出で印象に残っているのは、やはり担任の先生をはじめ、そのほか関わって頂いた先生方です。勉強、勉強と押し付けられるのではなく、自由にのびのびとやらせてもらった印象が強いです。
学校行事ではウォーキングレースがしんどかった。京大に進まれた先輩から受け継いだ「ぜったいに歩かない」の精神で頑張ったことが印象深いです。卒業以来、足が遠のいていますが、近い将来おじゃまして懐かしい先生方や後輩の顔を是非拝見したいと思っています。

先生からのメッセージ

城野英明

「ユーリカ」(見つけたぞ!)
アルキメデスが、「アルキメデスの原理」を発見したときに思わず叫んだ言葉です。

進学指導部長 城野英明先生

学習をしているときにこんな気持ちになったことがあなたにもきっとあるはずです。自分のわからないことが分かる喜び、知らなかったことを知る楽しみ。受験のためだけの「勉強」(強いて勉める)ではなく意欲的な「学習」(学び習う)を通した知的好奇心を満たす行為こそが真の意味での「学問」(問うて学ぶ)なのだと私たちは考えます。
「学問」とは本来、楽しいものであるはず。本学の進学指導のモットーは、”Be Patient!”粘り強く最後まで努力を重ね、”Be Independent!”自立した学習のスタイルを定着させることです。あなた自身の限界点を越える喜びと学ぶことの楽しさを私たちと一緒に体感しましょう。この春も、入学時と比べて驚くほどの成長を遂げて志望校に合格した先輩達がたくさんいました。そのためのノウハウを蓄積してきた私たちと一緒に、単なる「勉強」を越えた「学問」の扉を開き、あなた自身の「ユーリカ!」発見の旅に出かけましょう。

▲ページトップに戻る